<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 27日

山田宏日本創新党党首が参院選出馬へ(時事通信)

 日本創新党党首の山田宏東京都杉並区長は25日、同区長を辞職し、今夏の参院選に出馬する意向を固めた。 

【関連ニュース】
参院選に中田氏ら6人擁立=比例に首長経験者
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定
民主、過去最多の42人=自民は衆院落選組から9人
みんなも参戦=参院選情勢・神奈川
夏の参院選、318人が出馬準備=政権交代の評価問う、与党過半数焦点

民主・小宮山議員の兄ら2人を詐欺容疑で逮捕 (産経新聞)
<平針里山開発>許可取り消し請求却下 住民側、提訴へ(毎日新聞)
竹林の負傷女性死亡、同居男を傷害容疑で逮捕(読売新聞)
脱派閥へ自民若手ら新グループ(産経新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
[PR]

by n4stfycqtc | 2010-05-27 15:31
2010年 05月 18日

看護教育の臨地実習、「実習領域を選択制に」との声も(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月17日、「看護教育の内容と方法に関する検討会」(座長=小山眞理子・神奈川県立保健福祉大教授)を開き、看護教育における臨地実習の在り方について議論した。委員からは、現在の過密なカリキュラムで効率的な実習は難しいとの不満も聞かれ、実習領域を選択制にすべきとの声も上がった。同検討会では今後、今回の議論を踏まえ、保健師、助産師、看護師の各ワーキンググループで引き続き協議する。

 この日は、2008年度に厚労省の研究班が実施したシミュレーション教育に関する研究について、同班の山内豊明委員(名大医学部教授)から説明を受けた。
 シミュレーターを用いた呼吸音と心音聴取の教育効果を同班が検証した結果、いずれも有効性が確認されたが、短時間での効果は得られなかった。シミュレーション教育ついては、講義、演習、実習をつなげ、実習で扱うことが難しい技術を学べる効率的な方法の一つとする一方、高額な機器の購入費用や操作方法の習得などをデメリットとした。山内委員は「落ち着いた時間の中で条件をきちんと把握できるためなのか。突然起こったことへの方向性を見抜くためなのか。色んなシナリオがある」と述べ、さまざまな目的でシミュレーション教育を行えるとした。

 その後の意見交換で、今回から検討会に入った藤川謙二委員(日本医師会常任理事)は、「五感を鍛える訓練で、シミュレーションは非常に大切」と評価。シミュレーターが高額であることから、各都道府県医師会では機器の貸し出しを行っているとし、「(看護学校の)教務のレベルでITに弱い人が多い。教員に学生が教えている実態もある」と問題提起した。
 一方、千葉はるみ委員(全国社会保険協会連合会看護部長)は、「シミュレーションや模型などを使って事前学習をきちんとしないと、実習から学ぶことができないのではないか」と指摘。教育を行う施設と実習場所が離れていることが多い現状を説明し、学習環境を整備する必要性を訴えた。

 また、菱沼典子委員(聖路加看護大看護学部長)は臨地実習の在り方について、「今の単位の組み方で実習を回すようなやり方は限界がある」とした上で、「(実習の領域を)もう少し選択にしてもよいのではないか」と提案した。


【関連記事】
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省
保健師の活動領域で初の調査結果―厚労省
看護職の教育内容の検討で9月にWG設置―厚労省
看護の「つなぎ教育」必要との声も
看護教育、学生の質の手当ては必要か

高槻ポリ袋遺体 被害女性に保険金数千万円 2年前周辺で不審死(産経新聞)
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)
[PR]

by n4stfycqtc | 2010-05-18 19:45
2010年 05月 11日

徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)

 徳島県は10日、ネット検索大手「ヤフー」(東京都)の「Yahoo!メール」を活用し、災害発生時に家族や友人らの安否確認ができる県民向け防災サービス「安否確認メール」(通称・すだちくんメール)の運用を始めた。ヤフーメールを活用した自治体の防災サービスは全国初という。

 近年に発生が予想される南海地震への危機意識の高まりを受けて導入。電話が不通となった場合でも家族や近所のグループ単位での安否確認が可能になる。県としても有事の際の安否確認を円滑にし、被災の大きい地域の早期支援につなげることができる。

 県のホームページ上で申し込みを受け付ける。安否確認の際に活用する「@ourtokushima.jp」のメールアドレスが発行され、利用者が家族やグループで登録すれば、災害時に県から安否確認を求めるメールが届き、携帯電話やパソコンから被災状況などを打ち込むと、各グループの専用掲示板で互いの安否確認できる。

 利用無料。問い合わせは県南海地震防災課((電)088・621・2281)。

【関連記事】
地震速報機付き自販機登場 新潟
避難の防災メールを誤送信 北海道釧路市
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
防災ヘリ救急搬送約4割減 群馬県がドクターヘリ就航で負担軽減
地震が起きるぞ!うわさ流した5人を拘束 中国
少子化を止めろ!

<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)
ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕−山梨県(時事通信)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
[PR]

by n4stfycqtc | 2010-05-11 10:34