2010年 04月 12日

<御柱祭り>神事中に柱倒れる 氏子4人死傷 長野・千曲(毎日新聞)

 11日午後7時ごろ、長野県千曲市土口の古大穴神社の境内で、木の柱(長さ約10メートル、直径約30センチ)を立てる「御柱祭り」中に、柱が突然倒れ、周りにいた氏子4人が巻き込まれた。近くの会社員、篠宮宏幸さん(38)が頭に柱が直撃し死亡。同市屋代、会社員、安藤主税さん(32)が骨盤を折る重傷を負い、男性2人が胸などに軽いけが。

 県警千曲署によると、当時、篠宮さんら氏子約100人が柱に綱を結んで引っ張り、境内にある穴にはめ込んで立てる神事の最中だったという。同署は綱がほどけて柱のバランスが崩れたとみている。【大島英吾】

【関連ニュース】
木落とし:急坂に熱狂 諏訪大社
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:豪快「木落とし」−−長野
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:よいさっ!熱気に包まれ 6年ぶり開幕−−長野

<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)
「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
平野官房長官、移設案を提示=沖縄知事は拒否明言−普天間(時事通信)
[PR]

by n4stfycqtc | 2010-04-12 20:44


<< 消費税論争勃発 民主執行部のバ...      首相、米NPRを評価 「大変正... >>