2010年 03月 24日

「裁判官でも妥協せん」阿久根市長、広報紙に(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、市の広報紙「広報あくね」3月号の市長コラムに、「相手が裁判官であっても妥協しない」と司法を挑発する文章を掲載した。

 コラムでは、人件費の張り紙をはがした元係長の男性(45)を懲戒免職処分にした問題を取り上げている。男性への未払い賃金の支給を命じた鹿児島地裁判決については、裁判官も公務員としたうえで、「それぞれ自分の為の仕事をしたものと感じています。公務を自分のためにやってはばからないというのでは、訴えた職員と同じです」と持論を展開している。

 広報紙は市内を中心に計1万500部配布。コラムは昨年2月号から随時掲載している。

 この問題で、市は未払い給与を支払うよう命じた1審判決に従っておらず、男性側の申し立てを受けた地裁川内支部が、市に対して口座差し押さえに向けた手続きに入るなど異常な状態が続いている。

「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
妻と長女を殺傷 容疑の夫、遺体で発見 大分(産経新聞)
<二葉百合子さん>引退会見 「今が幕を下ろす時期」と語る(毎日新聞)
[PR]

by n4stfycqtc | 2010-03-24 16:19


<< 鳩山邦夫氏の離党届を自民受理、...      警察官の偽証「違法」=道に賠償... >>